外国人労働者

外国人が日本人の仕事を奪う可能性はあるか?

この記事では、「日本人が外国人に仕事を奪われる可能性はあるか?」という問いについて答えて行きたいと思います。

結論、多くの業界で外国人が日本人の仕事を奪う可能性は高いです。

理由は次のとおりです。

  • 外国人は働くモチベーションが高い(外国人労働者の例)
  • 失敗も辞さない外国人も多くいる(起業など)
  • スキルアップ思考が高い外国人が多い
  • 外国人はコミュニケーション能力が高い
  • 外国人は多言語能力が高い
  • 終身雇用が無くなるため
  • リモートワークの普及
  • 外国人は仕事を選ばない(特に労働者)

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

外国人は働くモチベーションが高い(外国人労働者の例)

外国人の中でも特に、ブルーカラーに該当する業界で働く外国人は、発展途上国の出身者がほとんどで、働く意欲の高い人材も日本人より圧倒的に多いです。

理由としては、日本で働くことに大きな金銭的メリットがあることが挙げられます。

そのため、日本人では嫌がる人も多い残業も喜んで引き受け、日本人より意欲的に働く人材が多いです。

国にも拠りますが、物価の違いのために数年間の就労で、家が建設できるほどの貯金ができる場合もあります。

この圧倒的な金銭的モチベーションが背景にある外国人労働者の就労意欲に、日本人労働者が勝つことは難しいでしょう。

失敗も辞さない外国人も多くいる(起業など)

日本で就労する外国人には、失敗も恐れず起業などをする外国人も多いです。

日本で失敗しても母国に帰れば心機一転、失敗を帳消しにして新しい生活をスタートできると考える外国人もおり、臆することなくさまざまな事業を始める方もいます。

日本人が、海外でビジネスなどに挑戦する場合でも「海外だから失敗覚悟で大きい挑戦をしてみよう!」と考えるのは想像できるのではないでしょうか?

一攫千金をかけて来日している外国人であれば、なおさらその気持ちは強いでしょう。

スキルアップ思考が高い外国人が多い

海外ではジョブ型雇用が一般的であるため、特に、ホワイトカラーの職種では、常にスキルアップを目指す人材が多いです。

身に付けたスキルを売りにして給与の高い会社への転職をするのも一般的で、スキルのない人材は、リストラに会うことも珍しくありません。

会社に留まる年数に重きを置いてきた日本人とは、マインドセットが違うため、職場でのスキルアップに貪欲な姿勢は、多くの日本人社員を凌駕するでしょう。

外国人はコミュニケーション能力が高い

国にも拠りますが、外国人は日本人に比べてコミュニケーション能力の高い人材が多いです。

特に、海外では、プレゼンテーションを幼い頃から実践させる国もあるなど、アウトプットに重きを置く教育を受けた人材が多い印象です。

そのような人材は、社内外でのアウトプット能力も高いため、社交的で日本人よりも良い印象を受ける人材が多いでしょう。

外国人は多言語能力が高い

日本で働く外国人は、日本語が話せる人材が多いのは勿論のこと、英語なども含めた複数の言語を話せる人材が珍しくありません。

そのため、日本人は外国人と比べて話せる言語の数では大きく劣ることがほとんどです。

グローバル化の中、多言語能力は大きな優位性をもつスキルであるため、多国籍なチームで働く場合などに外国人は日本人よりも大きな力を発揮するでしょう。

終身雇用が無くなるため

日本では、長く同じ会社で働くことが良いとされる終身雇用制が取られてきました。

しかし、才能のある若い人材が、責任あるポジションを任されにくいことや、生産性の面などで弊害も指摘されるなど、現代にそぐわない雇用制度であると糾弾されることも珍しくありません。

そんな中、海外では既に一般的な「ジョブ型雇用」が日本の多くの業界でも普及しています。

ジョブ型雇用が当たり前の環境から来日する外国人と、日本人が競った際には、多くの日本人が競争に負ける事態も容易に想像できるでしょう。

リモートワークの普及

リモートワークの普及は、就業場所に縛られない働き方を普及させました。

皮肉なことに、コロナウイルスの感染拡大が、リモートワークを急速に普及させる要因にもなりました。

また、現代ではリモートワークの普及によって、国外にいる外国人と一緒に共同作業をすることでさえ、難しくありません。

特に、ITの分野では、日本よりも安い費用で外注ができるため、プログラミング業務を後進国のプログラマーに外注する事例も増えています。

日本人は今後、多くの業界で、日本国内にいる外国人だけでなく、国外の外国人材とも競争をしなければなりません。

外国人は仕事を選ばない(特に労働者)

日本にいる外国人は「在留資格」を取得して日本での生活・就労を許可されており、中には転職が認められていない在留資格もあります。

転職できたとしても、日本人のように自由な転職ができない場合も多いため、「仕事を選べない」外国人が多いのが実情です。

そのため、現在の日本では、日本人が働くのを嫌煙するような業界を外国人労働者が担っていることも多いです。

特に、ブルーカラーの業界では、仕事をえりごのみする日本人社員より、真面目な外国人を採用したいという需要も多く存在しています。

まとめ:日本人は将来を見据えてのスキルアップが必須

グローバル化やテクノロジーの発展により、今まではライバルとはならなかった国籍の外国人とも、今後は競争していかなくてはなりません。

会社に依存するのではなく、自身で稼ぐことのできるスキルを身につけることが、より一層求められるでしょう。